1食目『牛肉バルplot〜肉ボルケーノ〜』

青年会の誇る「デブ部」が、懐かしいあのお店から行きたいと気になっていたお店まで、天理のグルメをご紹介します。

どんな世界にも王様がいる。

動物界では、ライオン。

宝石界では、ダイアモンド。

サッカー界では、ペレ。

では、食材の王様は何か?

私の頭の中にいくつかの候補が浮かぶが、その中でもひときわ輝きを放つのが、今回のグルメリポの主役「牛肉」である。

天理駅から徒歩5分。

本通りから少し脇に入った路地にある「牛肉バル plot」にお邪魔した。

バルとは、スペイン語で、バー(酒場)と食堂が一緒になった飲食店のことを指す。

店内はまさに、バーのオシャレさと食堂の居心地の良さが程よくマッチしていて、「天理にもこんなお店があるんだ」とビックリした。

店長のベベ(あだ名)さんは、「小、中、高と学生時代を過ごした天理で、仲間と再会できる場所をつくりたい」と思い、このお店を始められたそうだ。

ベベさんにおすすめの一品を聞くと、「牛肉ボルケーノ」を薦めてくれた。

山盛りのローストビーフの上に熱々のチーズをかけるという、我々デブ部にとって最高の料理だ。

話を聞いただけでヨダレが止まらないので、即決で注文することにした。

運ばれてきたプレートには、想像以上の量のローストビーフが盛られていた。程よく赤身の残った牛肉の山は、爆発寸前の火山である。

そこに少し黄色がかった熱々のチーズのマグマが、かけられていく。

まさにボルケーノ!

あふれそうになる唾液をすすりながら、チーズが噴火する様を眺めているだけで、もはや幸せである。

味覚だけでなく、視覚でおいしいと感じさせる料理だ。

完成した「牛肉ボルケーノ」。

冷めてしまっては、料理に失礼になるので、早速一口いただく。

この表情である。

噛んだ瞬間、まず口の中に広がるのは、チーズのクリーミーな香り。

ローストビーフ独特の肉の臭みが苦手という方もいるかも知れないが、その臭みをチーズが消し去ってくれており、牛肉の甘さが一層が引き立っている。

チーズの香りが落ち着くと、牛肉が主張を強めてくる。硬すぎず柔らかすぎない歯応えは、肉を食べていることを実感させてくれ、噛めば噛むほど、牛の味があふれてくる。

ここで赤ワインを一口。

完璧なマリアージュ。

ただただうまい。最高である。

気がつけば、かなりの量があったローストビーフが、あっという間になくなってしまった。

ご馳走様でした。

最後に店長のベベさんに、お店のPRポイントを聞いた。

「うちの店は、ワインとステーキもおすすめです!誰でも気軽に利用できる店ですので、ぜひお越しください!」

今回お邪魔した「牛肉バル plot」。

男同士でも、デートでも使える、オシャレで居心地のいいお店だった。

ぜひ一度、行って「牛肉ボルケーノ」を食してみてもらいたい。

P.S.この後、食欲に火が付いたデブ二人が、取材とは関係なく注文しまくったのは内緒である。

(デブ部サウナ部長)

牛肉バル plot

住所 奈良県天理市川原城町267-1 

電話 0743-85-6129

営業時間 17:00~23:30(L.O.)

定休日 火曜日

予算 2000円〜3000円

ホームページ https://nikubal-plot.gorp.jp/

◯お得情報

HAPPY HOUR 17:00〜19:00 ドリンク半額

新着記事
〈第4回〉天理レスリングの申し子/小池邦徳さん×伊勢谷スポーツ俱楽部【後編】

私は天理スポーツと聞くと野球、ラグビー、柔道などが頭に浮かび、正直レスリングはあまり認知できていなかった。小池さんはそんな私に天理レスリングの魅力、なぜ天理スポーツにレスリングが必要なのかを情熱的に語ってくれた。今回は天理レスリングの可能性に迫っていく。

FRAGRA GIRL NOVEMBER 

Q.思い出の場所について聞かせてください。 Q. 天理での思い出の場所はどこですか? A. ロボット… 続きを読む>> FRAGRA GIRL NOVEMBER 

〈第4回〉天理レスリングの申し子/小池邦徳さん×伊勢谷スポーツ俱楽部【前編】

日本中が熱狂に包まれた東京オリンピック、その大舞台にレスリングのレフリーとして出場した天理教校学園教員の小池邦徳さん。

世界で活躍されている方だけに、どんな武勇伝が飛び出すか楽しみにしていたが、小池さんの口から出てくるのは終始「人との出会いのおかげ」だった。今回は「ご縁」によって切り拓かれた世界への道に迫っていく。

シン・ダンコたる決意

イラスト:オノユウジ オノユウジ イラストレーターでありデザイナー。書籍、広告、WEBなど、様々な媒… 続きを読む>> シン・ダンコたる決意

第7回 その瞬間をジッと待つ

海上自衛官からカメラマンに転身した青年がいる。天理教道友社写真班に所属する根津朝也さん(34歳・笛吹… 続きを読む>> 第7回 その瞬間をジッと待つ