カレー食堂から見る「こどもおぢばがえり」

今夏、親里では7月27日~8月6日にかけて、4年ぶりとなる「こどもおぢばがえり」が開催された。筆者は7月27~31日までカレー食堂のひのきしんをつとめさせていただいた。ひのきしん者として過ごす「カレー食堂」での日々は、喜びいっぱいの時間だった。ここでは、カレー食堂から見えた「こどもおぢばがえり」の素晴らしさをお伝えする。

コロナ禍を乗り越えて

「あぁ、涼しい」、大勢の帰参者が清々しい表情で食堂に入ってくる。「ようこそおかえりなさい」と、笑顔で迎えるのは、婦人会、天理高校第二部の学生、青年会のひのきしん者。

100人もの仲間と心を合わせ、一皿のカレーに喜びの心を添えて提供すると、子どもたちは「待ってました!」と言わんばかりに口いっぱいにカレーを頬ばった。

一方、大人たちの中には会場の雰囲気やカレーのにおい、聞こえてくるBGMを懐かしむ姿も。4年ぶりの「こどもおぢばがえり」は、大人にとっても待ち遠しい大切な行事だったようだ。

7月29、30日は土日ということもあり、帰参者がピークを迎えた。カレー食堂には長蛇の列ができ、その列にひのきしん者は目頭を熱くした。その中で、教友との再会に心を躍らせる帰参者を多く見た。

「こんなに大きくなったの!」

「あれ。お子さん、もう一人、増えましたか?」

コロナ禍の4年間は、長かった。この間、子どもたちは大きく成長した。新しい少年会員も生まれた。学生になった人や、ようぼく社会人として活躍する人もいる。互いの成長を語り合い、ともに苦難を乗り越えてきたからこその「喜び」を分かち合っていた。

一人の青年が教えてくれたこと

ひのきしんの最中、勇んでつとめる青年に目が止まった。カレー缶や飯缶をいくつも運んでくれていたので「ありがとう」と声を掛けてみると、彼は、筆者が天理小学校で教員をしていときの教え子だった。「今、寮の幹事をつとめさせていただいています」と、爽やかに応えてくれた。

天理小学校では、学校行事として「こどもおぢばがえり」に参加する。小学生の頃の彼は、高校生のお兄さん・お姉さんたちにお世話してもらい、カレーの時間を楽しんでいた。あれから13年、お世話をしてもらっていた彼は今、お世話をする側になり「御恩報じ」の道を歩んでいた。さらに、それだけではない。寮の幹事として、学生を導いていく立場にもなっていた。

「学生たちより僕の方が頑張っていますよ!」と、笑顔を見せてくれた。ひのきしんを一生懸命つとめる彼の背中を見て、学生たちは何を感じたのだろう。笑顔あふれる「こどもおぢばがえり」の裏側で、次代を担う天理高校生の丹精に励む一人の寮幹事。彼の姿を通して、「こどもおぢばがえり」は縦の伝道の大切な場であることを教えてもらった。

行事を支える若い力

各カレー食堂には、天理高校第二部の学生が50人程いた。多くの学生にとって、カレー食堂でのひのきしんは初めて。しかし、学生たちの元気な声、弾ける笑顔、温かい応対は、帰参者や私たちひのきしん者に感動を与えてくれた。

ひのきしん中、自教会から初めて「こどもおぢばがえり」に参加する予定の保護者から連絡をいただいた。「こどもおぢばがえりの様子が知りたい」という内容だった。各行事会場を歩き回って、写真を撮り、その様子をLINEでお伝えした。すると、お子さんと一緒に写真を楽しく見てくれたようで、「私も行きたくなりました」と返信してくださった。

その方は、岐阜県内で小学校の教員をしている。何年も前、担任していた児童が教室で「こどもおぢばがえり」のことを話していたそうだ。その中で、「高校生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちが遊んでくれて、とても楽しかった」という言葉が聞こえてきて、それが強く印象に残っていたようだ。

今回、LINEで届けた写真には、偶然にも、ひのきしんに励む学生たちの後ろ姿が映っていた。『喜ばさずには一人もかえされん』というお言葉を受け、「教祖の代わりにつとめさせていただきます」と意気込む学生たち。「こどもおぢばがえり」を支える彼らの頑張りに、大きな拍手を贈りたいと思った。

カレー食堂の楽しみは、「食べること」だけではなかった。ひのきしん者の勇んだ姿に触れられること、一人ひとりの成長に気づけること、再会できた喜びを感じられること・・・カレー食堂には、感動を呼ぶアナザーストーリーがたくさんあることを知った。今回、カレー食堂から見えた「こどもおぢばがえり」のことを記したが、各行事会場や詰所、親里の至る所で、多くの人に伝えたい輝く姿があった。

夏休みが終わり、学校生活が始まった。今日もどこかの教室で、「こどもおぢばがえり」や「カレー食堂」を話題にした会話があるかもしれない。その会話に出てくるひのきしん者の姿こそ、夏のおぢば・カレー食堂で感じてほしい私たちの「におい」なのだ。

(文=田中 一慶)

ハートボタンを押してFRAGRAを応援しよう!!

新着記事
なんかこういうの聞いたことあったけど私が当事者になるとは思ってもみなくて

イラスト:オノユウジ オノユウジ イラストレーターでありデザイナー。書籍、広告、WEBなど、様々な媒… 続きを読む>> なんかこういうの聞いたことあったけど私が当事者になるとは思ってもみなくて

完全なる私の偏見

イラスト:オノユウジ オノユウジ イラストレーターでありデザイナー。書籍、広告、WEBなど、様々な媒… 続きを読む>> 完全なる私の偏見

幻の甲子園で輝いた球児/下林源太さん×伊勢谷スポーツ俱楽部

「天理高野球部、忘れられないキャプテン」 2020年、天理高野球部――。 出場が決まっていたセンバツ… 続きを読む>> 幻の甲子園で輝いた球児/下林源太さん×伊勢谷スポーツ俱楽部

FRAGRA FAMILY MAY 2024

家族入隊 at home 青年会ひのきしん隊では現在、ご家族で入隊できる「家族入隊 at home」… 続きを読む>> FRAGRA FAMILY MAY 2024

世界で発見!こんなところにようぼく#4│丸い心で

世界には、日本で暮らしていてはおよそ想像のできない生活がある。そこには、価値観が全く違うからこそ感じ… 続きを読む>> 世界で発見!こんなところにようぼく#4│丸い心で